健康お役立ちコラム

「百薬の長」とも言われるお酒!どんな種類が好き?

「百薬の長」のことわざで有名なお酒!飲み方などについては賛否両論がありますが、私たちにとって身近な存在ではないでしょうか。


お酒を楽しむためには、自分の体質を知った上で適量に抑えることが大切ですよね。また、食事シーンに合わせて選ぶかがポイントになるのかもしれません。


そこで、数ある種類の中でどんなお酒が好きかについて、男女100人のみなさんにお話をうかがいました。


=======================
【質問】
好きなお酒の種類は?


【回答数】
ビール:19
日本酒:17
焼酎:6
ワイン:20
ウイスキー:7
チューハイ・サワー:35
その他:29
=======================

チューハイ・サワーが最も人気!お酒が初めての人も飲みやすい?


アンケートの結果、「チューハイ・サワー」と答えた人が最も多いことがわかりました。



・アルコールが強いお酒よりも、さわやかな味わいのお酒のほうが好きなので。(20代/男性/パート・アルバイト)

・チューハイは値段も手ごろでありながら、果汁系の種類も豊富で選択肢が多い。飲みやすいのも利点。(20代/男性/正社員)

・一番飲みやすいから。あまりお酒の匂いが好きではないので、フルーツの香りがするものがいいです。(30代/女性/専業主婦)


アルコール度数が低い、味や香りがさわやかなので飲みやすいことがチューハイ・サワーの魅力のようです。


リーズナブル価格のため、手軽に購入しやすいため家計に優しいのもうれしいですよね。


お酒が苦手な人は、果汁系のものを選ぶと飲みやすいのかもしれません。また、お酒が初めての人も試してみるとよいのではないでしょうか。


食事に合わせて選べるワイン!健康にも良さそう?


アンケートの結果、「ワイン」と答えた人が二番目に多いことがわかりました。



・現在フランス在住の為美味しいワインが身近かなのと夫がワイン好きなのでお肉には赤、魚介類の食卓には白、夏はお店の店頭にずらっと並ぶロゼ、という具合に家族、親戚と日々楽しくお酒を嗜んでます。(40代/女性/専業主婦)

・健康に良さそうだから。とりあえず何か一つ飲めるものがないとまずいので。(40代/女性/パート・アルバイト)

・お酒には弱いのですが、低アルコール&フルーティなワインを中心に美味しくいただいております。(40代/男性/無職)


フランス在住の人から貴重な意見が寄せられていますが、ワインは料理に合わせて選ぶ楽しさがありますね。


また、交流の場でお酒を勧められることもありますが、全然飲めないと居づらいかもしれません。そんなとき、低アルコールでまろやかなワインはおすすめではないでしょうか。


健康に良さそうとの回答もありますが、ワインは食事と一緒に適量をたしなむイメージがあるのかもしれませんね。


最初の一口や喉越しを楽しめるビール!年中楽しめる身近な存在


アンケートの結果、「ビール」と答えた人が三番目に多いことがわかりました。



・冷えたビールの最初の一口が好きです。その一口で一日の疲れがとれる気分になるからです。(30代/女性/専業主婦)

・安いし大量に飲むことができます。炭酸が強いので喉越しが好きです。年中美味しく飲めますので一番好きです。(30代/男性/正社員)

・飲みやすくアルコール度数も低いです。夏は特にビールが良いです。(40代/女性/個人事業主)

・のどが渇いていたり、揚げ物など油料理を食べていると、やはりビールがいちばんおいしく感じるから。


最初の一口や喉越しを楽しめるのがビール好きにはたまらないようです。値段が安い、アルコール度数が低いこともビール人気につながることがわかりました。ほかのお酒と異なり、量を飲めることもうなずけます。


夏場だけでなく年中飲めるため、がんばった自分へのご褒美にするとよいかもしれません。


ただ、脂っこい料理と合わせるだけでなく、料理も含めた摂取カロリーに注意することが大切ではないでしょうか。


また、健康診断で尿酸値が高いと指摘された場合には、ビールが大好きだけど飲まないほうがいいのかな? と迷うところですね。


参考:やっぱり気になる!ビールと尿酸値の関係


日本酒・ウイスキー・焼酎!それぞれの楽しみ方がある


アンケートの結果、「日本酒」に次いで「ウイスキー」「焼酎」の順となりました。


・和食との相性が一番よく、ゆったり飲むのに最適なお酒だと考えるから。(30代/男性/正社員)

・アルコール度数がちょっと高めなのを1杯グイッと飲むのが好きなので、日本酒がちょうどいい(30代/女性/パート・アルバイト)

・ウイスキーは歴史や奥深さがあり、色々な飲み方ができるので好きです。(30代/男性/正社員)

・前はビールが好きだったが、最近は焼酎を少しずつ飲むのがすきです。(30代/男性/正社員)


日本酒を和食と一緒に楽しめる魅力が挙げられています。各地の銘酒を飲み比べるほか、アルコール度数高めを選ぶのもよいかもしれませんね。



ウイスキーには、ストレート・水割り・オンザロックなど、飲み方のバリエーションが多いという特徴がありますね。



焼酎にもその土地ならではの銘柄がありますが、少量ずつ味わっているとの体験談にも注目されます。



なお、これらのお酒はアルコール度数が高いとの共通点がみられるため、飲み過ぎには注意が必要と言えるようですね。


ビールや日本酒などの飲酒対策にサプリメントの摂取も!


アンケートの結果、チューハイ・サワーと答えた人が最も多いことがわかりました。アルコール度数が低い、飲みやすい味などが魅力のようです。同様の考え方は、飲みやすさを重視する意見はワインやビールを選んだ人からもうかがえます。


一方、日本酒やウイスキーなどを好む人からは、飲み方へのこだわりが感じられました。


今回のアンケートでは調査対象が「年齢不問・男女」ですので、以上のような結果となりましたが、年代別・男女別に調査してみると、また違った結果となって面白いかもしれませんね。


一人での夕食、仲間との会食、お酒の楽しみ方は人それぞれですが、体に負担のない飲み方を心掛けることが大事ではないでしょうか。


そのためには、飲酒対策にサプリメントなどを取り入れるとよいかもしれませんね。


参考:プリン体・尿酸値・痛風とDHA・EPAサプリの関係性


--------------------------
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2017年01月24日〜2017年02月07日
■有効回答数:100サンプル
--------------------------


この記事を見た人にオススメの関連記事


プリン体・尿酸値・痛風とDHA・EPAサプリの関係性
健康は見えにくいけど重要!健康第一と実感したときの状況を調査
健康?それとも美容?食生活で気をつけていることアンケート!







人気のDHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAの豆知識

 

クリルオイルの豆知識

 

ナットウキナーゼの豆知識

 

健康お役立ちコラム

 

光熱費の削減効果例