健康お役立ちコラム

子供にサプリは必要?不要?今どきの子供のサプリメント事情

野菜を全く食べない、お肉やお魚が苦手、牛乳が嫌いなど、好き嫌いが多い子供の偏食に困っている人は多いですよね。どうにかして食べさせたいと思っても、嫌がる子供相手に苦労することもあります。


このように栄養不足が気になる子どもにサプリメントを与えるのはどうなのでしょうか。そこで今回は、子供にサプリメントを飲ませるのはありか?なしか?をアンケート調査し、まとめてみました。


==========================
【質問】
子供の栄養不足をサプリメントを飲んで補うのはあり?なし?


【回答数】
あり:34
なし:66
==========================


毎日の食事できちんと栄養を取ることが一番大切!


アンケートの結果、なるべくサプリメントには頼りたくないという意見が多い結果となりました。



・子どもの栄養不足はサプリメントではなく食事でしっかりと栄養を摂らせることが大事だと思います(30代/男性/正社員)

・個人的な意見になりますが、サプリメントといいますが私は薬としかおもえません。薬は病人の飲むものと認識しています。(50代/男性/専業主婦)

・サプリメントさえ飲めば栄養が摂れると間違った認識をしそう。食べ物から栄養をとってほしい。(20代/女性/パート・アルバイト)


サプリメント摂取に否定的な人が多いのは、単なる栄養摂取だけでなく食育の観点から好ましくないと考える人が多かったと推測されます。


家族で一緒に取る食事は栄養を取るためだけでなく、家族とのふれあいの時間や親子関係の形成にも欠かせない大切なものです。


偏食の子供でも食べやすいように、栄養のバランスを考えた食事を工夫する努力が大切なのではないでしょうか?


(参考:子供の好き嫌いを治す方法は?偏食予防・改善するために


栄養の補助として使うならサプリメントもあり!


アンケートの結果約3割の人が子どもの栄養不足をサプリメントで補うのもありと答えました。



・基本的には、食物で摂取したほうが好ましいと思います。ですが、さまざまな理由からそれができない場合、サプリメントも良いと思います。(30代/女性/正社員)

・サプリメントを子供に与えるのは海外では普通の事で、我が家の子も努力はしてますが、まだまだ偏食なのでサプリメントで補うのはアリだとおもいます。(30代/女性/専業主婦)

・できれば食事から栄養を摂って欲しいけど、足りないぶんを補う程度ならありだと思う。(30代/女性/専業主婦)


サプリメントの摂取に否定的な意見の人は食事の重要性を訴えることが多かったことに対し、肯定的な意見の人は、サプリメントの本来の意味をよく理解し、あくまでも足りない部分を補うための補助的な役割としての活用ならあり、という考え方の人が多いことがわかりました。


子供向けサプリメントなどの普及も進み、家族の健康管理のひとつとして、サプリメントを取り入れる人が増えているようです。


子供用DHAサプリとして人気のあるAFC「親子100組の声から生まれたキッズサプリ」の場合、子供の成長に必要なDHAをはじめ、カルシウム・乳酸菌・鉄分などをバランスよく補うことができます。


(参考:AFC「親子100組の声から生まれたキッズサプリ」子供用DHAサプリ?


基本的な栄養は食事から、サプリメントは補助的に使うならあり!


好き嫌いの多い食生活を送っている人は、栄養バランスの乱れが心配です。食事の代わりにサプリメントをとることはもちろん好ましくありませんが、不足しがちな栄養素を補う手段としては有効です。


特に子供の場合では成長期に欠かせない栄養素が多くあるため、好き嫌いの多い子供だと毎日の食事だけでは栄養の摂取が十分ではない可能性もあります。


食生活の改善と共に、足りない部分はサプリメントを利用してみることも視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか。


---------------------------
■調査地域:全国
■調査対象:【子供】有り
■調査期間:2017年01月24日〜2017年02月07日
■有効回答数:100サンプル
---------------------------


この記事を見た人にオススメの関連記事

AFC「親子100組の声から生まれたキッズサプリ」子供用DHAサプリ?
DHAで頭が良くなる?子供に効果あり?妊娠中に摂ると良い?
魚嫌いの子供がそのまま大人になるのは問題あり?なし?
子供の好き嫌いを治す方法は?偏食予防・改善するために








人気のDHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAの豆知識

 

クリルオイルの豆知識

 

ナットウキナーゼの豆知識

 

健康お役立ちコラム

 

光熱費の削減効果例