健康お役立ちコラム

魚と肉のどっちが好き?健康な体づくりは日々の食事から!

「衣食住」の1つ「食事」は、生命を維持するだけでなく、健康な体をつくるためにも大変重要な役割を持っています。そのためには、好き嫌いなく食べることはもちろん、特定の食材ばかり口にしないことが大切ではないでしょうか。



栄養バランスのよい食事メニューも考えたいですよね。身近な食材として魚や肉がありますが、どちらを好む人が多いのか気になるところです。


そこで、魚と肉ではどちらが好きかについて、男女100人のみなさんを対象に意識調査を行ないました。


=======================
【質問】
魚と肉のどっちが好きですか?


【回答数】
魚:42
肉:58
=======================


約6割は肉好き!簡単に料理できるなどのメリットも


アンケートの結果、「肉」が好きな人が多く、全体の約6割に達することがわかりました。



・魚も食べ方によっては好きなのですが昔から鶏肉の皮やお肉の脂の部分、全部が好きだった為。(30代/女性/専業主婦)

・焼き肉が好きなので肉派です。料理も簡単に出来るものが多いので食卓にも並ぶ頻度が高いです。(30代/女性/正社員)

・魚は骨があって食べづらく、また下ごしらえが大変で、食べたあとのゴミも多いが、その点肉は、簡単に食べられるから。(30代/男性/正社員)

・魚と肉で言えば肉ですね、機内食で聞かれても肉と答えますね、最近は鶏肉が好き(30代/男性/正社員)


「肉」を好む人には、脂っこいものが好きという傾向があるようです。焼肉など、料理も簡単にできるため、料理が苦手な人にはうれしい食材かもしれませんね。


なお、肉は高カロリーなどのイメージがありますが、低カロリーの鶏肉を意識して選ぶなど、健康面に配慮した食べ方がポイントだと言えるようですね。


骨がない、ゴミが少ないなども大きなメリットだとわかりました。幼少時から肉に慣れ親しんでいるとの回答にもうなずけます。


もちろん、料理方法によっては魚も好きな人もいることから、肉と魚をバランスよく食している様子も見て取れました。


肉を食べる機会が多くて魚を食べる機会が少ないという方の場合、魚に多く含まれるDHA・EPAの摂取が不足しがちになりますので、魚も普段の食生活にうまく取り入れるようにするとよいですね。


参考:種類別!魚に含まれるEPAとDHAの含有量比較(マグロ・サバ・鮭など)


「魚を食生活にあまり取り入れられそうにない・・・」という方は、DHA・EPAサプリメントでDHA・EPAを補うことも検討してみましょう。


参考:DHA・EPAサプリおすすめランキング


魚好きの人は約4割!血液サラサラ成分にも注目


一方、約4割の人は「魚」を好むことがわかりました。



・お肉は脂っぽくて最近食べるのが少し辛い。お魚のが胃もたれしない。(30代/女性/専業主婦)

・魚は寿司や焼き魚、煮魚などいろいろな調理法で楽しむことができるうえ血液サラサラ成分が入っていたり健康にいいので肉より好きです。(40代/女性/専業主婦)

・どちらも同じくらいなのですが、ちりめんじゃこが大好きだからです。(40代/女性/個人事業主)

・はっきりした理由はわかりませんが、小さいときから、肉より魚が大好きです。 たくさんのいろんな種類の魚があるのがとてもいいです。 ただ、骨だけは少し苦手です。(40代/男性/経営者)


「魚」が好きな人の中には、脂っこいものが苦手な人がいるようです。


寿司や煮魚など、いろいろな食べ方を楽しめるほか、血液をキレイにするDHA・EPAを含む魚がある点にも注目されています。簡単に食べられる「ちりめんじゃこ」は重宝しますよね。


なお、魚好きの人の中にも、小さい頃から慣れ親しんでいる、骨は苦手など、肉好きの人と共通する回答があることがうかがえます。


また、肉も魚も同じくらい好む人もいるように、日々の食事内容を意識することが健康維持・増進に役立つこともわかりました。


そのためには、脂身の多い部位に抵抗がある人はそこを避けるなど、食材選びを工夫するとよいかもしれませんね。


肉好きの人も魚好きの人も足りない栄養素補給にはサプリも検討を


アンケートの結果、「肉」が好きな人のほうが多く、全体の約6割に達することがわかりました。


今回の調査は年齢問わず行いましたので、このような結果となりましたが、年代別に調査するとまた違った結果となるのかもしれません。年齢を重ねると脂っこいものが食べられなくなる、という話はよく聞きますからね。


肉は簡単に料理ができるところに人気があるようです。その点では魚も同じ一面があるのかもしれません。ちりめんじゃこ、ふりかけなど、魚を使った食品がいろいろあります。食事は、時間を掛けてゆっくりすることが理想的ですが、忙しいときは簡単に食べられる「おかず」があると便利です。


また、体に必要な栄養素は食事で摂取するに越したことはありませんが、足りない栄養素を補うためにサプリメントの摂取も選択肢の1つとして考えてみるのも良いかと思います。


---------------------------
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2017年01月24日〜2017年02月07日
■有効回答数:100サンプル
---------------------------


この記事を見た人にオススメの関連記事

種類別!魚に含まれるEPAとDHAの含有量比較(マグロ・サバ・鮭など)
魚嫌いの子供がそのまま大人になるのは問題あり?なし?
子供の好き嫌いを治す方法は?偏食予防・改善するために
健康?それとも美容?食生活で気をつけていることアンケート!
健康は見えにくいけど重要!健康第一と実感したときの状況を調査







人気のDHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAの豆知識

 

クリルオイルの豆知識

 

ナットウキナーゼの豆知識

 

健康お役立ちコラム

 

光熱費の削減効果例