DHA・EPAの豆知識

失敗しない通販でのDHA・EPAサプリの選び方は?

DHA・EPA配合のサプリメントをはじめ、その他成分配合のサプリ、ビタミン・ミネラルのサプリなど、多くの種類のサプリが通販やドラッグストア・コンビニなどでも気軽に手に入る時代になっています。



そのため、自分にとって必要ないサプリを選んでしまっていたり、安全性・品質の面で?マークがついてしまうようなサプリを選んでしまっている方が多いのも現実としてあります。


そこで、このページでは、DHA・EPAサプリに限った話ではなく、サプリメント全般として商品の選び方・注意したいポイントについての話をしていきます。


薬局・ドラッグストアによく行く方は見慣れた光景だと思いますが、サプリメント・健康食品のコーナーには各社のサプリが数多くずらっと並んでいますよね。例え目的の成分などが決まっていたとしても、あれだけ多くのものが並んでいては選択肢が広がるのは嬉しいことですが、果たしてどの商品が自分にとって本当にあっているのか?は素人ではなかなか分かりません。



あなたも1度は経験があるんじゃないでしょうか?サプリを買おうと思ったけど商品数が多すぎて悩んでしまって結局買わなかった・・・という経験が。もしくはサプリメントのコーナーの前で他のお客さんが長時間立ち止まって悩んでしまっているという光景を見かけたことがあるんじゃないでしょうか?


アメリカでは、日本よりも病気になった時の医療費が高いこともあり、健康維持は自分でするもの、病気予防も自分でするもの、という考え方が一般的になっています。そのためアメリカはサプリメント先進国とも言われています。


日本の場合、今後、超高齢化社会になることは目に見えており、近い将来、日本でもアメリカのように、病気は治療するものではなく予防に力を入れていくもの、という考え方が根強くなると思われます。毎日の食事・運動など生活習慣を改善して、生活習慣病の予防をしつつ、サプリの力も借りて健康を維持していこうという考えが今よりも一般的になっていくでしょう。


そのため、DHA・EPAに限らずサプリメント・健康食品の正しい選び方については知っておきたいものです。


サプリメント初心者が選ぶと良いのは?


今までにサプリメントを飲んだことがない方、もしくは購入経験はあっても1ヶ月も経たないうちに効果が実感できないからといって飲むのを辞めてしまった・・・という、継続的にサプリを摂取した経験のない方も多いと思います。


そんないわゆる「サプリメント初心者」の方がまず選ぶとよいのが、1つの栄養素に限定したタイプのサプリではなく、数種類の栄養素が一緒になったタイプのサプリですね。


DHAサプリ・EPAサプリにも、魚油だけではなく、その他の有用な成分が一緒になって配合されている商品も多くあります。


食生活が不規則で、ビタミン・ミネラルの不足を気にしてサプリメントの力を借りようと思ったケースにおいても、ビタミンCのサプリ・ビタミンBのサプリ・・・と限定されたタイプではなく、バランスを考えて「マルチビタミン・ミネラル」のように複数の種類の栄養素が配合されているものを選ぶようにすると良いです。



ビタミン・ミネラルはお互いに関わりあって効果を発揮してくれる部分もありますので、1つの成分にこだわって摂取するのはあまり得策とは言えません。現に、日本よりもサプリメントを飲んでいる人の割合が多く、品質の高いサプリも多いと言われるアメリカにおいても、DHA・EPAサプリのような魚油由来のサプリとともに人気のあるのがマルチビタミン・ミネラルなんだそうです。


健康被害を起こさないために


まず最初に覚えておきたいのが、サプリメントは全ての人にとって+になるというケースばかりではないということです。


サプリメントを飲む目的は人によって様々ですが、多くの方は、健康維持や栄養の補給・疲労回復・病気の予防・ダイエットなどの目的で飲み始めますよね。しかし、割合は少ないものの、病気の治療を目的として飲んでいる方もいるようです。


病気の方が医者に相談することなくサプリメントを服用することは、健康被害につながる可能性があるので注意が必要です。飲んでいる薬の副作用を強めてしまったり、薬の効き目を弱めてしまう、といったことが起こりうるので、くれぐれも病気の方が自己判断でサプリを飲むことは辞めましょう。


ご家族や友達がある病気で悩んでいる場合にも、症状を聞いた限りではこのサプリがいいんじゃないだろうか?と素人考えで安易に勧めないようにしたいところ。勧める場合にも「お医者さんに聞いてみてから、もしよかったらこういうサプリも飲んでみたらどうなんだろう?」というような言い方をしたいところです。



病気でなくとも、高齢者・子供・妊婦・アレルギーのある方がサプリメントを飲む場合にも、やはり、健康被害が出るケースもありますので、医師に相談するなどするべきです。健康のためにサプリを飲むのに、それが原因で健康を害してしまうという本末転倒な結果になってしまわないようにしたいものです。


良いサプリを選ぶために


サプリメントは基本的には毎日飲むものです。毎日飲むからこそ、質が高くて安心して飲み続けられるものを選びたいところです。ではどんなことに気を付けて購入をすればいいのか?その目安を以下に書き出していきますので参考にしてみてください。


GMPマーク・JHFAマークの有無


2005年、厚生労働省は「GMP(適正製造規範)導入のためのガイドライン」を発表し、GMP認定制度が始まりました。GMP(Good Manufacturing Practice)とは、原料の仕入れ・製造・出荷など全ての工程で、サプリメントが安全に作られているか?品質が一定の水準に達しているか?を定めた規則のことです。


これよりも古くからあるのが、1986年に当時の厚生省が認めた財団法人日本健康・栄養食品協会が開始したJHFA認定制度です。JHFA(Japan health Food Authorization)は品質などに規格基準を設けていて、これに合格した商品にはJHFA(認定健康食品)のマークをつけることが可能となります。



サプリメント・健康食品を選ぶ際、この2つのマークがついているのか?を見てみることも商品選びの参考になるかと思います。


海外のサプリ購入には注意が必要


海外のサプリメント・健康食品の中にも、もちろん品質が高くて信頼性の高いサプリもありますが、仲には、海外では健康食品とされていても日本では無承認無許可医薬品に該当してしまうものもあります。


無承認無許可と名前がついてはいますが、転売目的などではなく、ただ単に自分が使う目的で個人輸入することは法的には問題ありません。しかし安全面においては自己責任なので十分注意しなければなりません。


摂取量・成分量にも注意したいところ。欧米人と日本人では体格も違えば体質も違いますので。


電話してみる。


サプリ販売会社に実際に電話してみて、疑問点などを聞いてみるのも良い方法です。相談窓口などがしっかり作られていて、質問に丁寧に答えてくれる、というのも信頼できる会社かどうか判断する1つの目安にはなると思います。



会社の概要だけであれば、今ならネットで簡単に調べられるので、どんな会社なのか?ということを調べるために会社のHPを隅々までチェックしてみるのも良いかと思います。


成分がちゃんと表示されているかをチェック


消費者のことを本当に考えている会社であったり、商品に自信がある会社であれば、成分などの表示をちゃんとしてくれています。サプリメントの入っている袋・ビンなどに成分がきちんと表示されているかはチェックしておきたいところです。


最近では機能性表示された食品も増えていますので、分からないことがあれば問い合わせて聞いてみるとよいかと思います。


また、JAS法によってサプリメントを含む加工食品には、原材料名・原産国名・原産地名・製造者の情報・保存方法・・・などの表示基準が決められています。また、ネット通販でサプリメントの購入を検討される方も最近では多くなってきていますが、会社によっては内容成分やその他の細かい情報なども、販売ページで公開してくれているところもあります。


原材料は「天然」と「合成」どっちがいいの?


サプリメントの原材料には、天然由来か合成かの2種類がありますが、これのどちらなのか?を表示する義務はないのが現状です。買う側からすればここが一番知りたいところだとは思うのですが。。。



例えばですが、「ビタミンC」とだけ書かれているサプリもありますが、この状態では、天然・合成の区別はできません。でも、「アセロラ」などと書かれていれば、これは天然由来のビタミンCなのだな・・・ということが分かる、ということです。


「よっしゃ、天然由来のサプリメントなんだな。合成よりは信頼できるな。このサプリにしよう。」と思う方は多いとは思いますが、天然のほうが合成よりも安心、とは残念ながら一概には言えないのです。


原材料の中に、天然に微量に含む銅性物質も濃縮されてしまっているおそれもあるので、安全性確保にはいっそうの注意が必要。というようなことを、厚生労働省も示しています。


参考・・・「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」及び「錠剤、カプセル状等食品の原材料の安全性に関する自主点検ガイドライン」について(厚生労働省公式HP内)


逆に、合成のものの場合には、不純物が入っていないという安心感があり、天然由来のサプリよりも安いという特徴があります。しかし、合成のサプリでは補えないような栄養素も天然由来のサプリは含んでいるので、質が高いとも言えます。


このように、天然・合成にはそれぞれ良い点・悪い点があるので、一概にどちらが良いとは言えないのです。


添加物が入りすぎていないかをチェック


サプリメントは普段の食事からの摂取では不十分な栄養を補うのが目的ではありますが、合成着色料・人工香料・砂糖・塩分・イースト・・・などの多くの添加物や多くの賦形剤が含まれているものもあります。なるべく添加物の少ないサプリを選びたいところです。


特に、美味しそうな色・香りをつけすぎているサプリには注意が必要です。サプリの中には噛んで食べるタイプのものも出ていますが、甘味料で味を美味しくし、人工甘味料も使っている。もはやお菓子ではないか?というサプリも中にはありますので注意したいところではあります。最初からお菓子感覚で食べたいというのであれば何も言いませんが。


吸収されやすい工夫が見られるか?


栄養素というのは1つの成分だけよりも他の成分と相互に連携した場合に吸収されやすくなりうまく働くようになります。このような観点で見ると、いろんな成分がうまく組み合わされているサプリを選ぶほうが効果的と言えます。


DHA・EPAサプリの場合にも、DHA・EPAだけではなく、ナットキナーゼ・クリルオイル・セサミン・・・などの栄養素が組み合わさったサプリメントが人気となっていますね。



例えるならば、野球のチームのようなものでしょうか。ホームランバッターだけがいても強いチームにならないのと似ているような気がします。バントがうまい人・足の速い人・守備のうまい人・・・などがいて初めてホームランバッターが輝きます。




まとめ


DHA・EPAサプリやその他のサプリメントを選ぶ際には、以上のような点に注意して、あなたの目的にピッタリ合った質の高いサプリメントを選ぶ目を持ってください。


広告が魅力的だったから・価格がとにかく安いから、というだけの理由では選ばないようにしていきましょう。


毎日適量を飲み続けてこそ効果が実感できるというのがサプリメントの特徴でもあります。たまに口にするものならまだしも、毎日口にするものですから、品質が良く安全性も高い商品を選びたいものです。後になって後悔しないためにも。




この記事を見た人にオススメの関連記事

DHA・EPAサプリの形状について
アメリカでもフィッシュオイル(魚油)が使われたサプリが人気?!







人気のDHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAの豆知識

 

クリルオイルの豆知識

 

ナットウキナーゼの豆知識

 

健康お役立ちコラム

 

光熱費の削減効果例