DHA・EPAの豆知識

DHAとEPAを魚でとる場合とサプリメントでとる場合の効果は一緒?

DHAとEPAをとりたくても、魚が嫌いという方もいらっしゃるでしょうし、例え魚が好きな方でも、今の日本の食習慣を考えると毎日魚を食べるのは難しかったりします。昭和の時代の食卓、古き良き日本の食卓と現代の食卓とでは話が変わってきています。



そんな時に助かるのがDHA・EPA配合のサプリ。魚が当然のように並ぶ、古き良き日本の食卓は失いつつあるのかもしれませんが、その代わりと言ってはあれですが、今の時代、サプリなんて便利なものができていますね。DHAとEPAのサプリも各メーカーからいろいろな種類が出ていますが、その効果はどうなんでしょうか?



DHA・EPAを魚でとる場合とサプリでとる場合とで、効果は一緒なんでしょうか。明らかに効果が薄かったりしたら、サプリも考えものです。


実は、DHAとEPAを摂取することに関しては、魚でとる場合もサプリメントでとる場合も効果は同じなんです。


じゃあ、魚はまったく食べず、サプリメントだけで十分かというとそれは違いますよね。魚には、DHAとEPA以外にも、たくさんの良質な栄養素(たんぱく質、カルシウムなど)が含まれているからです。


まぁこれは、DHA・EPA以外のサプリでもいえることで、サプリメントはあくまで補助的なものという位置づけを忘れないようにしなくてはいけません。


魚をたくさん食べてれば大丈夫?



では、魚が好きで食べる機会が多ければ問題ないかというと、実はそこにも落とし穴があります。DHAやEPAの含有量は、魚の種類によって全く違っているからです。毎日のように魚を食べていても、DHAやEPAの含有量が少ない種類の魚を食べていては、DHA・EPA摂取目的という視点においては意味がありません。


DHAはマグロ・カツオ・サンマ・サバ、EPAはイワシなどにたくさん含まれていますが、同じ魚ばかり食べ続けるのもきついものがあります。いくら脂の乗ったさんまが美味しくても、毎日食卓に出されると3日で飽きてしまうものです。


そこで役に立ってくれるのがサプリです。なるべくDHAやEPAの多い魚を食べるように心がけ、不十分なときはサプリで補給。共存共栄。これがベストでしょう。


DHAやEPAに限らず、食の栄養に関してはいろいろ頭と悩ますところ。面倒くさいな...なんて思っちゃいますが、人間にとって食べ物は全ての根本。何かを食べているから今生きているわけで、1番気を使わなければならないところでもあります。


粗悪なガソリンばかり入れていたら、車が悪くなるのも早いもの。なるべく質のいい燃料を体に入れてあげたいものです。


この記事を見た人にオススメの関連記事

リピート率90%超えのDHA・EPAサプリ「きなり」の口コミは?
消費者庁の評価が最高ランク?!DHAとEPAの機能性
魚に含まれているDHA・EPA以外の重要成分「タウリン」とは?
種類別!魚に含まれるEPAとDHAの含有量比較(マグロ・サバ・鮭など)
魚嫌い必見!魚以外でEPAやDHAを多く含む食材・食品は?
魚が原料のDHAやEPAのサプリメントに水銀は含まれている?







人気のDHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAの豆知識

 

クリルオイルの豆知識

 

ナットウキナーゼの豆知識

 

健康お役立ちコラム

 

光熱費の削減効果例