DHA・EPAの豆知識

DPA(ドコサペンタエン酸)とは?新しいオメガ3脂肪酸?

オメガ3脂肪酸といえば、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が代表的ですが、最近もう1つのオメガ3脂肪酸として「DPA(ドコサペンタエン酸)」もよく耳にするようになってきました。


実際、DHA・EPAサプリの中にはDPAを配合している商品もちらほら見かけます。人気のDHA・EPAサプリ「きなり」も少し前からDPAが新配合されています。


DPAの特徴は?


DPAは魚の油に少ししか含まれていないとても希少なオメガ3脂肪酸といわれています。


EPAはサラサラパワーに優れているといわれますが、DPAにはEPAの10倍ものサラサラパワーがあるとされています。


イヌイットの食生活にヒントが?



そんなDPAの効果のヒントとなっていると言われているのが、イヌイットの食生活です。イヌイットというのはカナダ北部など北極圏の氷雪地帯に住む先住民族です。イラストなどで見かけると、首の周りがふわふわした暖かそうな上着を着ているイメージですね。


イヌイットの主食はDHA・EPAを多く含みDPAも少し含む「アザラシ」です。高カロリーで高脂質・高タンパクな食生活にもかかわらず、イヌイットには健康な人が多いのだそうです。


極寒の地なので野菜を栽培することは不可能なので、野菜を食べることはほとんどないです。にもかかわらず健康なのは、DHA・EPAに加えてわずかなDPAも一役買っているのではないか、と考えられています。


こういった考えをヒントにして、「きなり」などのDHA・EPAサプリにもわずかなDPAが配合されているというわけですね。


野菜も育たない過酷な環境にもかかわらず健康に生きているイヌイットたち。この事実から今の日本人はいろいろ学べそうな気がしてきました。


今の日本ではいくらお金に困ってもよっぽどのことがない限りは食に困ることはありません。美味しい食べ物が周りにあふれていて好きなものを選んで食べることができます。


しかし、昭和の時代に比べて生活習慣病などに悩む人が増えています。なんだか矛盾しているように思えてきますよね。今一度、毎日の食生活を見直してみて、できることから改善していきたいものですよね。


食生活を改善していきながら、DHA・EPA・DPAなどオメガ3脂肪酸を摂取できるサプリメントも補助的に取り入れてみるのも良いかと思います。


この記事を見た人にオススメの関連記事


リピート率90%超えのDHA・EPAサプリ「きなり」の口コミは?
EPA・DHAは中性脂肪を減らす効果・ダイエット効果がある?
DHAとEPAの最大の違いは何?効果は違うの?







人気のDHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAの豆知識

 

クリルオイルの豆知識

 

ナットウキナーゼの豆知識

 

健康お役立ちコラム

 

光熱費の削減効果例