人気のDHA・EPAサプリ

リピート率90%超えのDHA・EPAサプリ「きなり」の口コミは?

DHA、EPAサプリメント「きなり」のリピート率は92.3パーセントと、ちょっと異常な数値です。新規購入した10人の内、9人がまた買ったということ。


どんなに口コミで人気の商品でもリピート率が90%を超えるのは難しいもの。実際に買った人がなんらかの効果を実感でき、満足度が高かった証拠とも言えます。



>>「きなり」公式HPはこちら




実際に「きなり」を飲んでいる方の口コミを抜粋してみてみます。


「きなり」を実際に買った人の口コミ

健康診断で3つダメだったのが全部大丈夫になった。(40代)
お化粧のノリが変わった。スタイルも良くなった気が。(50代)
飲み始めて肌の調子がよくなった気がします。(40代)
睡眠でのつかれの取れ方が違うんです。(50代)
ダイエットに良いと聞き飲み始めて2ヶ月でー3kg!(30代)
毎日スッキリする気がします。(50代)
毎日の爽快さが全く違います。(30代)
寝起きがスカッと気持ちいい。健康診断の結果も◎(50代)
憂鬱な気分が多かったが、バリバリ絶好調。(40代)


などなど...おすすめ度は、5段階評価の5ばかりです。あくまで個人の感想なので、あなたの場合に同じ効果が得られるとは限りませんが、何かしら体に良い変化はおきそうと言っても良さそうです。


DHAサプリ・EPAサプリを始めるなら、まずは、口コミ評価も高い「きなり」から始めてみてはどうでしょうか。


>>「きなり」公式HPはこちら




もくじ
「きなり」の栄養成分表示で気になることが・・・。
ビタミンについて豆知識
当サイト管理人も飲んでいます。(現在3か月目)
品質は大丈夫?
他のDHA・EPAサプリとの違いは?
まとめ


「きなり」の栄養成分表示で気になることが・・・。


「きなり」の袋の裏面には、原材料名や1日4粒あたりの栄養成分表示などが書かれています。



↓栄養成分表示部分のアップ



↓1日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分の量が栄養素等表示基準値に占める割合



ビタミンE 200%
ビタミンB1 2000%
ビタミンB2 1000%
ビタミンB6 360%


・・・・・。え?! 多すぎない? 2000%って、、、20日分を1日で摂っちゃうってこと?


ビタミンってこんなに摂取しても大丈夫なものなの? 逆に体に害になったりしないの? って思いました。毎日飲むものだからさすがに気になります。


健康のためにDHA・EPAサプリを飲んで不健康になったら、笑い話にもなりません。


で、徹底的に調べてみました。


・ビタミンEの場合
過剰摂取で副作用のないビタミンとされてきたが、アメリカで大量摂取によって健康に害になるという報告もあるようです。サプリメント摂取の場合には、耐用上限量を厳守するべき、とのこと。


ビタミンEの食事摂取基準(1日の目安量)
成人男性 7.0mg
成人女性 6.5mg
耐用上限量 650-900mg


きなりの場合1日4粒あたりビタミンE 16.02mg。これは耐用上限量の何十分の1という数値なので過剰摂取の心配は一切なし。


ビタミンEには、活性酸素から細胞膜を守ったり、脂肪酸が酸化して過酸化脂質になるのを防ぐ働きがあります。ビタミンEの摂取量が多いと老化が遅くなるという研究の報告もあります。


・ビタミンB1の場合
2000%という数字を見た時にはさすがに心配になりました。が、調べてみたところ、ビタミンB1は水溶性ビタミン(水に溶けるビタミン)の1種のため、大量に摂取しても尿として排出され、過剰摂取が悪影響になるという報告もないとのことで安心です。


摂り過ぎによる副作用の心配がない反面、水溶性ビタミンはまとめて摂ることができないというデメリットもあるため、毎日補給するのが◎


水に溶けやすく熱に弱いという性質があるので、食品から摂る場合には調理方法によっては多くが失われてしまうこともあり、サプリで補うのが効果的な場合があります。


・ビタミンB2の場合
B1と同様、大量に摂取しても必要ない分は体の外に排出されるため、過剰摂取が害になることはない。


・ビタミンB6の場合
B6も水溶性ではあるが、多量摂取・長期にわたる過剰摂取によって、末梢感覚神経障害などが起きるとのことです。耐用上限量は厳守。


ビタミンB6の食事摂取基準(1日の目安量)
成人男性 1.4mg
成人女性 1.1mg
耐用上限量 40-60mg


きなりの場合1日4粒あたりビタミンB6 3.6mg。これは耐用上限量の10分の1以下という数値なので過剰摂取の心配は一切なし。


B6には、免疫機能を正常に維持する作用や、髪・皮膚・歯などを健康に保つ働きがあるとされています。


結論


ということで、何も問題ない、ということが分かって安心しました。ビタミンって摂取目安量と上限量の幅がものすごく広いんですね。


逆に、ミネラルの中には目安量と上限量の幅が狭い成分もあります(例:カルシウム・亜鉛など)ので、ミネラル成分を含むサプリを飲む場合には過剰摂取には十分注意しましょう。


>>「きなり」公式HPはこちら




ビタミンについて豆知識


今回「きなり」に配合されている「ビタミン」について調べましたが、興味深かったのが、ビタミンというのは私たちの体の中で重要な働きをしてますが「体内では合成できない化合物」という点。


だからこそ、毎日の食事やサプリなどで摂ってあげることが必要。「きなり」であれば、全ての種類のビタミンではないですが、ビタミンB群やビタミンEもDHA・EPAと同時に摂取できます。


ちなみに、ビタミンA・B・C・D・E・Kなどのアルファベットは発見されたものから順番になっていて、途中でアルファベットや数字が抜けているのは、研究によって体内で合成できることが分かり、ビタミンから除外されたのだそうです。


ホントは「ビタミンB3」「ビタミンG」なども過去にはあったってことです。


当サイト管理人も飲んでいます。(現在3か月目)



わたしの場合、3か月目ではっきりと実感できている効果は、疲れにくくなったこと、特に午前中の仕事への集中力がアップしていることです。


体に合っているサプリのようにも感じているので、もうしばらくは続けてみるつもりです。薬ではなくサプリなので「1週間毎日飲んだけど効果なし!」というように、即効性を求めすぎてはだめです。


前の健康診断でコレステロール・中性脂肪の値が基準値よりも若干高かったので、次の健康診断を楽しみにしておこうとも思っています。


15日間返金保証


EPA、DHAのサプリメントを試してみようと思っても、実際飲んでみないと、あなたの体に合うかどうかは分かりません。いくら口コミ・評判が良くても、結局それは他人の口コミです。


「きなり」には15日間返金保証がついており、全部飲んでしまっても返金可能<なので、万が一、あなたの体に合わなくても安心です。まずは気軽に試してみることができます。


品質は大丈夫?


サプリメントはある程度の期間は継続的に毎日飲むものですから、品質にはこだわりを持って選ぶべきです。


「きなり」は数多くあるDHA・EPAサプリの中でも、最高レベルの品質安全管理がされています。



日本海、太平洋、インド洋を回遊するマグロとカツオからDHA・EPAを抽出し、日本国内のGMPを取得している工場で製造されています。


GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略。日本語では「適正製造規範」。厚生労働大臣が定めた品質管理基準です。原料の入庫、製造、出荷にいたるまで全ての過程において、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれています。


3年に1回、外部の人間のエキスパートが監査と審査。その基準に合格した企業にだけ、GMPの認定証が発行されます。定期的に第三者のチェックが入ることで品質安全が保証されています。


魚というと、水銀、ダイオキシン、放射性物質の影響など気になる方もいるかもしれませんが、そのへんも考慮して、安全な原料が厳選されています。



>>「きなり」公式HPはこちら




他のDHA・EPAサプリとの違いは?


サプリメント・健康食品には様々な種類がありますが、その中でもDHA・EPAは最近人気の配合成分であり、男女問わず多くの方々が飲んでいることで知られています。


そのため「きなり」の他にも多くのメーカーからDHA・EPAサプリが発売されています。それら他社製品と「きなり」では何が違うんでしょうか? なぜ多くの方に「きなり」は選ばれているのでしょうか?


・DHA・EPA含有量が違う
DHA・EPA摂取量の目安として厚生労働省は1000mgを推奨しており、そのうちサプリによる目安量はその半分の500mg。「きなり」にはDHA・EPAがちょうど500mg含まれています。他社商品と比較してみます。


各メーカーのサプリのDHA・EPA含有量

K社のサプリ4粒あたり DHA・EPA 125mg
A社のサプリ4粒あたり DHA・EPA 300mg
S社のサプリ4粒あたり DHA・EPA 300mg
「きなり」 4粒あたり DHA・EPA 500mg


DHA・EPAサプリを飲むのであれば、「きなり」のように含有量多めの商品を選びたいところ。DHAやEPAは目安量を少々超えて摂取しても問題ないわけですから。


(逆に、DHA・EPA以外の、例えば亜鉛などミネラルのサプリの場合は、目安量をあまりに超えてしまうと副作用の危険性が懸念されるので過剰摂取には十分注意が必要です。)


・クリルオイルを使用
「きなり」には一般的な魚油ではなく南極のオキアミより抽出されたクリルオイルのDHA・EPAが使用されています。従来の魚油とは異なりフレッシュさを保持したままDHA・EPAを体に届けやすくなっています。


DHA・EPAは酸化しやすいという弱点があるため、DHA・EPAサプリの場合にはその酸化を抑えてあげる必要があります。クリルオイルに含まれるアスタキサンチンの抗酸化力はDHA&EPAをがっちり守ってくれます。


また、今までのDHA・EPAの場合は水になじまず体への吸収の効率が悪いとされていましたが、クリルオイルのDHA・EPAの場合には、水に溶けやすい性質があるので効率よく体に吸収されます。


・魚嫌いな方・魚のニオイが苦手な方でも安心

DHA・EPAは青魚に多く含まれている成分です。「青魚が苦手で、、、でも、DHA・EPAはしっかり摂っていきたい。」そんな方にこそ南極オキアミ由来の「きなり」はおすすめできます。オレンジエキスのパワーと特殊製法でDHA&EPA特有の魚臭さをブロックすることに成功しています。


魚油由来のDHA・EPAサプリは、魚臭かったり、サプリを飲んだ後のゲップが魚臭かったり、、、と、サプリではあるものの、魚嫌いな方・魚のニオイが苦手な方は続けるのがなかなか難しいようです。


実際、他のDHA・EPAサプリの口コミを調査してみると「魚臭くて続けられなかった。」という口コミに見かけることがあります。そんな方が魚臭くない「きなり」に乗り換えるケースも多いようです。


私の場合、飲み始めて3か月目ですが、魚臭さは本当に気になりません。(私は魚は比較的好きなほうなので、例え魚臭くても嫌ではないのですが。)


サプリの入っている袋に鼻を近づけてよーく匂いをかぐと若干魚のニオイがするかな?という程度です。食べた後に魚のニオイのするゲップが出たこともありません。


まとめ


1、DHA・EPAサプリを選ぶ時には、まずはDHA・EPA含有量をチェック。なるべく多い商品を選ぶようにします。(DHA・EPAは少しぐらい摂り過ぎても体に悪影響を与えることはないので過剰摂取の心配はあまり必要がない。)


2、次に、DHA・EPAの「酸化しやすい」という弱点を補う工夫がされているかもチェック。いくら配合量が多くても酸化してしまっては効果は半減してしまいます。


3、魚嫌いな方の場合、魚臭くなく、飲んだ後に魚臭いゲップが出ないDHA・EPAサプリを選ぶのが続けられるポイント。


「きなり」は、↑で解説したように、この3点をクリアしているDHA・EPAサプリメントです。



>>「きなり」公式HPはこちら




この記事を見た人にオススメの関連記事

消費者庁の評価が最高ランク?!DHAとEPAの機能性
EPA・DHAはどうやって中性脂肪を減らしてくれる?
DHAとEPAを魚でとる場合とサプリメントでとる場合の効果は一緒?
【初心者講座】クリルオイルとは何?魚油と比べてどこが優れている?
【初心者講座】ナットウキナーゼとは何?ナットウキナーゼの効果







人気のDHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAの豆知識

 

クリルオイルの豆知識

 

ナットウキナーゼの豆知識

 

健康お役立ちコラム

 

光熱費の削減効果例