人気のDHA・EPAサプリ

高濃度DPA・EPA・DHAサプリ「マンボウサンQ」

「マンボウサンQ」は、DHAとEPAだけでなく「DPA(ドコサペンタエン酸)」を多く含む、マンボウ肝油を使用したサプリメントです。


一歩すすんだサラサラの力が欲しいという方にオススメのDPA・EPA・DHAサプリ。



>>「マンボウサンQ」詳しくはコチラ




DPAって何?


最近「EPA」や「DHA」という成分をよく耳にして、調べているという方は多いと思いますが、「DPA(ドコサペンタエン酸)」は聞く機会があまりないと思います。


DPAはアザラシの肉に多く含まれるオメガ3系脂肪酸の1つです。豚・牛の脂肪とは違うタイプの脂肪をアザラシは持っていて、その中にはDPA・EPA・DHAを含んでいるんですが、この3つの中でもDPAを顕著に含有します。



グリーンランドやアラスカに住んでいるエスキモー(イヌイット)の方々は、肉中心の食生活を送っているのに健康で、一説によれば、血中脂質やコレステロールは正常な方が多いと言われています。果物・野菜をほぼ食べないにもかかわらずエスキモーの方々が健康そのものであることの1つの要因が、DPAによるものではないか? という仮説が立てられました。


その仮説をもとに、DPAの研究が実施された結果、EPAのサラサラパワーを助ける働きをしてくれたり、余計となる脂質をたまりにくくする働きがあるという報告がされています。


DPAを多く含むのは?


EPAやDHAは青魚に多く含まれるので、「マグロの刺身@皿分のDHA」「イワシ@匹分のEPA」などの表現がEPAやDHAを主成分としたサプリメントでは使われていることが多いです。普段食べている食材の量に例えられていてイメージがつかみやすいですね。


一方、EPAやDHAと同じくオメガ3系の不飽和脂肪酸のDPAはといえば、青魚の中にほぼ入っていません。DPAは先ほども触れたアザラシに代表されるような海獣類が豊富に含有し、マンボウの肝油にはさらに多量のDPAを含みます。


そんなマンボウの肝油を用いて作られたのが、DPA・EPA・DHAサプリ「マンボウサンQ」です。


残念なお知らせが・・・。


マンボウ漁獲量はどんどん減ってきており、最近ではマンボウは珍しいものとして扱われつつあります。確かに、日本では「マンボウの漁」なんて聞いたこともありませんし、実際に行われていません。その他の種類の魚の漁をしていた時に偶然一緒に引っかかることがあるという具合なのです。



肝臓から肝油を取り出す時には、EPA・DPAの効果を減らさないために、圧縮したり加熱したりすることなく抽出します。


マンボウ肝油は、マンボウ1匹からおよそ1リットルほどしかとれません。1リットルと言えば1000ml。とても量が多いようにも思えますが、マンボウの体重が500キロ以上あることを考えれば、わずかな量と言えます。大量に生産することができないのでマンボウの肝油を使った商品自体がとても希少な状態です。



>>「マンボウサンQ」詳しくはコチラ




この記事を見た人にオススメの関連記事

みやび「鮫肝 DHA&EPA」
口コミで人気のロングセラー「鰹頭(かつおびんた)DHA」
エバーライフ「鮫肝海王(サメギモポセイドン)」








人気のDHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAの豆知識

 

クリルオイルの豆知識

 

ナットウキナーゼの豆知識

 

健康お役立ちコラム

 

光熱費の削減効果例